「乙女」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。なにも思わない人だって。あなたが感じる「春巻き」って、どうなんだろう?

「乙女」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。なにも思わない人だって。あなたが感じる「春巻き」って、どうなんだろう?

目に見えない勘違い

↑ページの先頭へ
枠上

気分良く踊る弟と私

釣りの師匠が2日前明け方から釣りに行ったらしいが、長時間やっても何匹かしかかからなかったらしい。
小魚が多くて、チヌ釣りが難しかったらしい。
けれど、外道だがイノコの50cmサイズが釣れたらしいから、うらやましい。
前にいただいてさばいて口に入れたがめちゃめちゃ好みだった。
そんなのがいいのがいると聞いたら釣りに出かけたくなるが、すぐには行けないので今度だ。

前のめりで泳ぐ彼女と気の抜けたコーラ
3年前から、鹿児島に住んで台風の直撃を大変気にするようになった。
風が全然違うからだ。
九州北部に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風の強さが全く違う。
サッカーのゴールが走っていくと話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、現実だった。
風速がすごい台風が通った後は、高いヤシや大木は倒れ、海沿いの道はゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの家では、車両のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが割れ、天井が飛んだりと冗談と考えていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすめていくだけでも風はものすごく強く、古い家に住んでいると家のきしむ音がとっても心配してしまう。
枠下 枠上

勢いで体操するあの子とアスファルトの匂い

なぜか情緒不安定な心持になってしまい、何も苦しくなった。
特に理由はなく、なぜか物悲しくなったり、すべてが無意味に感じられたりした。
そんな時に、外での仕事が舞い込んだ。
しかも毎年恒例の会場でのイベントごとで、立派な案件だった。
このままではマズいので、自分を忘れて夢中でこなしているうちに普段の楽観的な心持に戻ってきた。
気付いたけれどあの時、明るい時間帯に日差しを求めたりしなかった。
昼間に出かけるのも必要かもしれないと思うようになった。

雪の降る週末の明け方に料理を
オフィスで着るパンツスーツを選びに行った。
コムサとかフォーマルなショップも憧れるけれどギャル系のお店も有りだと思う。
気が強そうでハキハキとした女物のショッピングビルでピタッとした製品が多い。
値段はショップによって差が出るが、ほとんどがリーズナブル。
中で、購入する物を選んでいたが、小さめの物ばかり売られていた。
着用後、なんとなくあか抜けているように見える気もする。
良い感じのスーツ選びができて、めちゃくちゃ満足感があった。
枠下 枠上

騒がしく体操する子供と公園の噴水

時は金なりとは、凄いセンテンスで、ダラダラしていると、本当にあっという間に時間が過ぎていく。
もっとさらりと業務も報告書も終了すれば、その他の事の方に時間を回せば効率がいいのに。
部屋の整理をしたり、ウォーキングしたり、料理にチャレンジしたり、メルマガを手に取ったり。
そう考えて、最近はしゃきしゃきこなそうと頑張っているが、何日頑張れるのか。

湿気の多い月曜の夜明けはこっそりと
大好きなミュージシャンはたくさんいるけれど、ここ最近は海外の音楽ばかり聞いていた。
でも、日本のアーティストの中から、好みなのがCHARAだ。
charaはたくさんの作品を世に送り出している。
人気がある曲なのは、HEAVEN、タイムマシーン、罪深く愛してよなどなど。
国内たくさんの音楽家が存在するが、彼女はCHARAは素晴らしい個性がキラリと輝いている。
日本には、海外でも仕事をする音楽家も多くいるが、彼女も人気が出るような予感がある。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こう言ったフレーズが思いつくことに憧れる。
多くの作品の作詞と作曲もしていて私の意見としてはクリエイティブでカリスマな才能があると思う。
ジュディマリのyukiとコラボし、作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、欠かせない。
似合っていたから。
誰だって一回、思う、思われたい感じの事を、上手に短文で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなどに入賞されそうだ。
枠下 枠上

雨が降る金曜の朝にカクテルを

振り返ると、小学生のころから高校生までほとんど学ぶという事をしていなかった。
他の生徒たちが必死で学習していても、自分は言われた通りの事をなんとなくやるといった感じだったと思う。
それでも、短大に入ってから自分の興味のある分野の勉強が始まると、知識がスムーズに頭に入るようになった。
しばらくして、社会に出て、見習いを過ぎて責任のある業務になると、今度は好き嫌い関係なく、勉強せざるを得なくなった。
しんどいとか考える暇もなく、ひたすら勉強する日々が続いた。
勉強続きのライフスタイルをしばらく体験すると、急に学校時代に取り組まなかった勉強をやり直したいと考えるようになった。
そして、同じように考えている人が周りに何人もいる。

ゆったりと叫ぶ子供とよく冷えたビール
全国には、多くのお祭りが催されているようだ。
実際に見たことはないけれど大変よく知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
絢爛豪華な彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を見学した際に、ビデオや実物大の笠鉾と屋台を見せてもらった。
寒い12月に開催されるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
現在進行形で見たい祭事の一個でもある。
秩父夜祭とは逆に、夏にあるのは、箱崎のほうじょうやがよく知られ、生きている者の命を奪う事を禁じる祭り。
今から大分前には、この祭りの間、釣りも禁止されたとの事。
伝統あるお祭りも重要だが、私は屋台も同じくらい大好きだったりする。
枠下 枠上

寒い休日の夕暮れは窓から

友人の彼氏が会社で梅干しを売っているとの事。
都内に本社があり、香港に支社もあり、和歌山に自社工場がある。
各都道府県に定期的に、何名かのメンバーで訪問販売をするらしい。
飲みながら、梅干しの雑学を聞いていると、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言うと、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
ここで食べた梅干しが、人生でベストに美味しかった。
ここで、早速梅干しを注文してしまった。

汗をたらして熱弁する彼と暑い日差し
新入社員の頃、株に関心をもって、買ってみたいと考えてたことがあるのだけれども、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも関心があったけれども、しかし、頑張って稼いだ貯蓄が簡単になくなるのも嫌で、購入できなかった。
証券会社に口座は開設して、貯金から動かして入れて、ボタン一つ押すだけで買えるようにしたけれど、怖くて買うことが出来なかった。
一生懸命、働いて得た貯蓄だから、他人から見たら少額でも少なくなるのは恐怖だ。
けれども一回くらいは買ってみたい。
枠下
枠下
枠上

サイト内メニュー

枠下
Copyright (c) 2015 目に見えない勘違い All rights reserved.